ニキビ対策にスチーム機を使う

ニキビができないようにするために、乾燥しないようにすることが必要です。しかし、お肌は気がついたら乾燥しているということになります。基本的なスキンケアとしては、化粧水を塗ってから乳液を塗ることで保湿効果が高まるといわれています。

化粧水や乳液を高保湿のものを使うとより潤いを保つことができるといわれているのですが、このスキンケアにプラスすることにより肌がもっと潤いを与えてあげることが出来ます。家電量販店やインターネット販売で購入することができるスチーム器をご存知でしょうか?その名の通りスチームを出すことができる機械なのですが、このスチーム器を使うことで毎日しっかりと保湿を行うことになります。

スチーム器によっては使える化粧水が限定されている場合がありますが、化粧水が限定されていない場合は高保湿のものを選ぶようにしましょう。スチーム器には種類があり、小さいタイプのものは持ち運びができます。大きなものに関しては机に置いてスチームが出る場所に顔を近づけておくだけで保湿できます。メーカーにもよるのですが平均的に3〜4万円ほどで購入できるようです。

ニキビができやすい肌質の方の場合はこのスチーム器を使うことにより乾燥肌を防いでニキビを予防するようにしましょう。毎日行うことで毛穴をひきしめることもできます。スキンケアが面倒だと思う日もあるとは思いますが、少しでもいいので時間を作るようにしましょう。

ニキビができる場所で対策を変える

ニキビが出来てしまうとアクネ菌というものが原因で出来ていると思っている人が多いためニキビケアの薬用洗顔などを使ったら治ると思っている人が多いようです。しかし、ニキビは顔の一部にできるわけではなく原因によってさまざまな場所にできるようになっているのです。

では、ニキビができる場所別の対策方法をご紹介させていただきたいと思います。
まずは、生え際にできてしまうニキビについてです。これは髪の毛を洗うためにつかうシャンプーやリンスが洗い流せていないことが原因でできることが多いようです。洗い流す時にしっかりとすすぎをするようにすることが対策になります。

そして次にTゾーンとよばれるおでこ全面と鼻の周りにできるニキビについてです。こちらのTゾーンは思春期に出来ることが多いため、ニキビケア用品を使う事が対策になります。まれに髪の毛などの刺激をうけて炎症を起こしてしまう場合がありますので顔を守ってあげるようにしましょう。

そして頬やあごにできてしまうニキビについてはホルモンバランスガ崩れていることが原因の場合があります。この場合はストレス発散をしっかりと行いリラックスする時間を作ってあげることが大事です。自分の時間をしっかりと作るようにしましょう。

ニキビができてしまってから対策をしていても意味がありません。予防の意味も込めて早めに行うようにしましょう。

デリケートゾーン 黒ずみ 解消

ニキビの種類により対策を変える

ニキビには種類があるのをご存じでしょうか?ニキビを作らないようにするためにはニキビ対策をしておくことが大切になります。そんな中でニキビの種類を覚えることとニキビの種類により変わるので覚えておくようにしましょう。

まずは白ニキビと呼ばれるニキビについてです。皮脂が詰まっている状態のニキビのことを白にきびといいます。自分でつぶしてしまう人も多いようなのですが、本来ならば医師に除去してもらうことがおススメになります。跡が残らないようにしたい場合は皮膚科の受診をオススメします。対策方法としてはホルモンバランスが崩れている時になりやすいのでホルモンバランスを整えられるようにしましょう。

そして次に色が目立ってしまう黒ニキビについてです。皮脂が酸化してしまうことにより黒くなってしまうのです。こちらは何度も繰り返してなるようでしたら医師に相談が必要です。白ニキビと一緒でホルモンバランスを整えることが対策になります。

もう一つ赤ニキビと呼ばれるニキビについてご紹介させていただきます。赤ニキビが出来てしまった場合は、そのニキビが炎症を起こしていると言うことになります。基本的に赤ニキビが出来た場合は炎症が起きているのですぐに皮膚科受診をお勧めします。少しきつい薬を塗ることになりますが早めに治すことが大事になります。

白ニキビや黒ニキビと同じでやはりホルモンバランスが崩れているとできやすいようです。他にももちろん原因があるのですが、ホルモンバランスは整えにくいのでなるべくストレス発散をすることとリラックスすることを目標にしましょう。